読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねむり

たまに12時間とか14時間とか眠ってしまいます。

前日8時間睡眠したのにそれでもぐうぐう寝てしまいます。

去年の3月から5月くらいまで、眠れなくて困っていたのですが、この頃はすっかり寝すぎてしまいます。

 

以前吉本ばななさんと河合隼雄さんの対談「なるほどの対話」を読んだら、

ばななさんは高校生の時に毎日学校で寝ていたそうです。その話を聞いて河合さんは「それは眠るということがその時の吉本さんに必要だったんですね」というようなことをコメントしていました。

 

◇「寝てしまう、ということはそれだけ身体が回復しようとしていることなのよ」

 

とは高校の時からのカウンセラーさんの言葉。

その時は「そういうものなのかな」と思っていましたが、振り返ると、

ベッドに入っても眠れない/金縛り/悪夢

→日中眠る(学校)→10時間睡眠→普通の睡眠

という風に戻っていった気がします。

 

眠った後はとてもしあわせで、元気です。

眠気があるとイライラするし、本も読めないし勉強もできません。要するに集中ができません。それでも眠れないとはなんと辛いことでしょう。

 

春眠暁を覚えず、

と言いますから

これからますます眠くなる日が増えるでしょう。

ゆっくり眠れる日が来ますように...