読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色紙

朝起きて

お風呂に入ろうと思ったら

見慣れぬ色紙が扉の前に置いてあった。

(寮なので部屋を出て廊下を歩くとお風呂があります。)

 

それは出て行く寮生のために、今住んでいる寮生が書いたもので

読むたびに「相変わらずイライラするな!」とか「この子は常にうれしいことを言ってくれる...」とか「そう思ってたの? うれしい!」

とか「こやつ...私の特徴をわかっている。しかも年下のくせに余裕ぶって書いている」とか

 

読み終えて思ったのは

「入居審査まだ結果出てないのに!! 寮を出ることが決定してるのだ!! どうしよう!」

ということです。

 

(入居審査で落ちたら)ちょっとは気に入ってるし、やっぱもう1年くらいいてもいいかなー、とか

甘えたことを考えていました。

 

でも実は背水の陣といいますかガクブルです。

 

とはいえ、やっぱりうれしかった。

ああ そうか私は2年ここに住んだのだ

としみじみ思いました。

(正確には引っ越しは3月下旬だからまだあと1ヶ月半くらいあるけど)

 

私の頭の中には、出て行った人たちや出て行く人たちのことばかりで、残る人の思い出に残らないようにしよう、ひっそり消えようと

思っていたのですが

きっと出て行く人って自分のことで忙しくて、でも残った人に何か小さな思い出を(必然的に)残していくのだろうな、と思いました。

 

バイトに行ってきます。